2005年08月29日

Johnny is back.

忙しかったせいか身体をぶっこわしてしまい、
先週はほっとんど使いモノにならなかったわけですが、
おかげで週末に備えて良い骨休めができましたよ。

週末。
そう、黒木が帰ってくる日曜日。

魂の主戦。
万年Bクラスのチームにあって5年連続フタ桁勝利。
本物の「エース」。
失われた三年間。
すべてを取り戻すための第一歩。
チームを勇気づける事になるはずの、
その一勝を。

今日は、なんですかね、
寝られませんでしたね。

夏休み最後の日曜日。
黒木復帰。
本拠地。

これで混まないはずはなく、やっぱり今季最多の客の入りでした。
チケットも当然ながら全席完売。
なんとかゲットしてもらった、
3塁側バックネットの切れるあたりの1階席に身を落ち着けて、
球場を見渡してみたらレフトスタンドの半分まで白い人たちが占拠。
開幕戦よりも遙かに凄いことになっていて、
球場全体の雰囲気もまったく普段とは違ってました。
重苦しいというか、緊張感があるというか、
そしてその中に、ジョニーが帰って来るんだという期待感。
そんなモノが渦巻いて、観客の間にうごめいてるわけですよ。
親子連れのお客さんも多かったんですけど、
子どもたちがね、凄く静かにしてるんです。
あー、いつもと違うって分かってるんだろうなあと。

正直なところ、この球場にいる人たちの中で、
どれだけの人がジョニーのあの姿を覚えているだろうか。
そういう不安もあったわけですよ。
ジョニーがいないこの3年の間にファンになった人にとっちゃ、
「ジョニー? 誰だよそれ。見たことねーよ」
って話なわけで。
17連敗目を喫したあの試合で同点弾を喰らって泣いてたピッチャー。
それだけなんじゃねーの。
そういう人の方が多いんじゃないかなあと思ってたわけですわ。

でも。
もうジョニーがグラウンドに出てきたら、
球場中がスタンディングオベーションですよ。
なんすかね、よけいな不安とかそんなもん考えてた自分が馬鹿でしたね。
分かってないとかそういうこっちゃなくて、
黒木という投手が持ってる空気が一瞬で球場を包み込んじゃったというか。

投じられた第一球。
球場からわき上がる大歓声。
あれは鳥肌モノでした。

試合後に、仰木監督が「あのていどの黒木を打てないようでは」
といったとおり確かに投球内容は苦しいモノで、
それでも最後の一本を許さずにこらえるあの姿。
ああ、黒木が帰ってきたと思いました。
去年はやはり再生途上の黒木だったんだなと。

よれよれながらも、
6回2/3を無失点で降板。
あとを受けた藤田の魂の3球で7回のピンチをしのぐと、
そのままゲームは勝利へ。

ヒーローインタビューの最中に、
小宮山が投げてよこした「本日の主役」たすきを掛けて、
ファンの声援に応えているジョニーの笑顔がマジ最高でした。
ようやく、第一歩を踏み出せたんだなあと。
そんな気がしました。

これから先、正直どうなるかはまだ分かりません。
ローテーションを再編してジョニーが先発陣に食い込むのか、
それとも谷間要員になるのか。

でも、今日の一勝はチームを再加速してくれそうな勝ちでした。
自分の目で、耳で、肌で今日の試合を観ることができた。
それだけで、今年1年分の幸運を使い果たした気分。

ジョニー、お帰り。
またこれからもよろしく。
posted by ツネヒサ at 01:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

そういえば

知人よりミュージックバトンが回ってきてました。
暇になり次第、つらつらと……。

5曲かあ。なんにすべかなあ。
posted by ツネヒサ at 04:58| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インパラの心境でございます

なんだかんだで頑張っております。
現在会社三連泊! もうすぐ終わりそうなんですけれども。

そうこうしているうちに、我らがどうでしょう班は旅立ち、
そしていずこかの地で爆笑と混迷と疲労困憊のうちにロケを終え、
無事札幌に帰札した模様です。

なんでしょうなあ。
彼らはいまや、僕のなかではヒーローですなあ。
なにがすごいって、別段ものすごいカリスマではないんですけども、
どうでしょう班のたまに電波に乗せられる奮闘ぶりと、
普段の見えないところでのすごい仕事ぶりに、
生業をもつ身としては憧れるところがあるのです。

もちろん、あの自由奔放そのものの旅路にも強烈な憧れはあります。
それにはまた、
学生時代に過ごした馬鹿な旅路への郷愁みたいなものがあって、
色濃い羨望もまじっているんですけれども。

なにしろ秋(であろうと噂されている)新作の放映が待ち遠しいです。
東京で放映されるかどうかは不明ですけれども、
いずれはまた、大泉先生の馬鹿正直な騙され&やられっぷりと、
ミスターの諦観と達観の入り混じった微笑みと、
うれしーのカメラワークと藤やんの爆笑が画面に帰ってくる。
もう、それだけで充分です。
彼らが一生どうでしょうするかぎり、
僕にとっちゃ彼らはヒーローです。

……意外な思い入れの強さに自分でも驚く午前5時。
仮眠を取って、最後の追い込みです。
自分が思っていたよりもまだ頑丈だったので、
ひそかに喜んでいたり、とか。そんなもろもろを会社から書き込みつつ。
posted by ツネヒサ at 04:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

七転八倒

ということで、千葉で首位決戦が行われていたわけですが、
当然見に行くこともかなわず、という二日間でした。

交流戦優勝であきらかに一息ついてしまったかもめーずナインに対し、
ホークスナインは追う側の有利さ、モチベーションの高さを発揮して、
交流戦前よりも明らかに調子をあげて乗り込んできたわけで、
むしろ思ったよりも差を付けられなかった連敗、という印象。
……冷静になってみれば、ね。

そらもう、試合中は怒り心頭ですよ。
エースはもう称号剥奪モノのチキンなピッチングを披露してあっさり粉砕、
打線もさしたる工夫も見せることもなく、
まるで重圧に負けたかのような凡退の繰り返し。
今江、西岡がそんなモノ関係ないとばかりに良いプレーを見せていたのとは、
えらく対照的な中堅連中を見ては歯ぎしり……とまあそんな感じです。
(仕事中じゃなかったのか)

正直なところ、「地力」の差はやっぱりそんなに大きくないのかな、
という意外な印象を受けたのもたしかで、
いよいよプレーオフが楽しみになってきましたよ。
2位フィニッシュならなんとか4.5ゲーム差以内に、
1位フィニッシュならなんとか5ゲーム以上つけて。

とにかく、ベニーの復調、
そして渡辺の復帰が待たれるところです。
清水? 正直今年は不調のまんまかなあ……という予感でいっぱい。
うーん。
posted by ツネヒサ at 01:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

さよならだけが人生だ

先週の木曜の晩、実家の愛犬が急死しました。
享年14歳。
人間の年齢に換算すると、だいたい80〜90歳ということらしくて、
それを考えると彼女は天寿を全うした、ということでしょうか。

朝から調子が悪そうで、
晩にそのまま息を引き取ったそうです。
ここ数年、後ろ足の力がなくなったりしていて、
すっかり年をとったなあと思ってはいたんですが、
こんなにはやくお別れする日が来るなんて思ってもおらず、
知らせを聞いたあとは職場でしばらく放心状態でした。

彼女がウチにやってきたのは十四年前、
秋もだんだん深まってきた頃でした。
生まれてヒト月ほどの柴犬で、
元気があまりまくって家の庭中をいつも走り回っているような子でした。
鼻面が少し黒くて、
いつも眠そうな目をしてたのを覚えてます。

散歩の途中で雪に埋まって見えなくなったり、
散歩の途中で逃げ出して近所中を探し回ったり、
散歩の途中で蛇をつかまえて大騒ぎしたり……。

初めて子供を産んだときは、
彼女も育て方が良く分かっておらず、
子犬と一緒にダンボールに入れて僕の部屋で一晩明かしたりしました。
心細そうな顔をしてた彼女が、
一晩のうちにだんだんお母さんの顔になっていくのがとても頼もしかったです。

土曜日に帰省して、
彼女のお墓にお参りしてきました。
いつも彼女が尻尾を振っていた場所には、からっぽの小屋だけが残っていて、
お墓は庭の赤松の根本にこしらえられていました。

彼女は、僕の家で暮らして幸せだったのかなあ、
と考えています。
もっと、たくさん散歩に行ってあげれば良かった。
もっと一緒に走り回ったり、
裏山に登って寝ころんだりしたかった。


さよなら。
たぶん、あと何年かもすれば僕も同じところへいけると思うから、
そのときはまた一緒に遊ぼう。
さよなら、またね。
posted by ツネヒサ at 03:06| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

番外編:noちゃんのご動向

さて、今日はにょういずみ先生のことではありませんよ。
にょうさんのお仲間、チームNACSの音尾せんせのお話。

NHKの金曜時代劇に出演が決定した模様です。
うーん、先日のドラマ出演といい、
大泉洋とは違う路線で露出が増えておられます。
で、まあオフィスCUEのサイトで共演者の情報がでてたんで、
ぐぐってみましたらあーた。

藤沢周平の傑作のひとつ、
『秘太刀 馬の骨』
にご出演じゃないですか!
ソースはこちら

しかも、キャストの並びからすると、
こら矢野道場の高弟のひとりかも……。
まさか……飯塚孫之丞役とかでは……。

などとまあ妄想が膨らんでおります。

とはいえ、上に上げたサイトでは、
主人公が石橋銀次郎に変更されているかのようなあらすじですし、
NHKが藤沢モノを忠実にドラマ化することはほとんどないので、
(原作にほぼ沿っていたのは、『三屋清左衛門残日録』と『闇の傀儡師』くらい?)
原作小説通りに話が進むことはまずなさそうです。
あ、渡り合う剣客も六人に増えてる……。

ともあれ、楽しみな作品なのは事実。
noちゃん、がんばってください。
(石橋銀次郎は内野聖陽か? 牧文四郎役とえらい落差が(笑))
posted by ツネヒサ at 02:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

さあ、しっかり狙いをさだめて

ずいぶん久しぶりな書き込みになってしまいました。
おかしいなあ……手軽に書き込みをするためにblogにしたはずなのに、
なんて思ってるうちにふた月ですよ。
さぼりすぎですね。

ということで、
本日は千葉ロッテマリーンズが、
インターリーグの初代チャンピオンになった日、
ということで記念に書き込んでおります。
というか毎日書きなさいよ。

それにしても、本当に強いですマリーンズ。
正直に言いますが、絶対4月までだと思ってたんですわ。
でもね、この十年見てきたチームとは明らかに違うなあ、
と思ったのは、交流戦直前の福岡での3連戦。
「……このチームはホントに強くなったのかも」
って思わせるオーラがあったんですよ。

今年突然強くなった、と相変わらずマスコミでは言ってますが、
昨年のオールスター以降の勝率は、
ホークスに次いで二位なんですわ。
昨年後半から、この強さはすでに発揮されていたわけです。

仕事にも少し余裕が出てきて、
たまった試合の映像も徐々に消化できそうです。
またいろいろ書いて行ければいいんですが。
posted by ツネヒサ at 01:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

大泉洋先生のご動向5/11版

明日放送のとんねるずの『みなさんのおかげでした』、
その食わず嫌い王に大泉さんゲスト出演だそうですなあ。

うーん、いよいよ今年は中央進出本格化です。

以上、泊まり込みまくっている職場からお送りいたしました。
……帰りたい……。
posted by ツネヒサ at 23:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

手を伸ばしても届かないのさ

またドラえもんの録画忘れた……。
本気でもうだめ……もうだめ、とても……。

HDDレコーダーが現在スカパーの野球中継録画専用機になってしまっている以上、
地上波録画のためになんかしらの手を打たなければなりません。
デスクトップにチューナ積んで録画専用機にしてしまおうか、
それとも型落ちのHDDレコを買おうかしらん、
などと考えておりますが、先立つものがないのでまだ先のことになりそうです。

GWは実家に帰ったり、マリンに試合を見に行って見事連勝ストップを見届けたりと、
まあ小さく波瀾万丈でした。
またしても熱を出して寝込んだりと、自身の体調不良がちと気にかかりますが。

さて!
ツール・ド・フランドルも終わりまして。
自転車のロードレースもいよいよ本格的なシーズン到来です。
ジロ、ツール、そしてブエルタ。
三大レースまでもうすぐです。
日本では、自転車競技というとやはり競輪(KEIRIN)になりますが、
世界的に見ればやはりロードレースが王道。
日本ではいまいち世間的な知名度や人気はありませんが、
一度はまるともう病みつき。

B0000B09YI.09.MZZZZZZZ.jpg

茄子 アンダルシアの夏

ということで、この作品を見て気分を盛り上げております。
47分の中編アニメですが、
不思議と心に残るモノがある作品で、
気分が凹んだときに見返したりしてます。
主人公のレーサー、ぺぺの声を大泉洋が演じておりますので、
どうでしょうバカのみなさんにもおなじみでしょう。
自転車の三大レースのひとつ、ブエルタ・エスパーニャを舞台に、
人生の機微を巧みに描いた好編です。
万人には奨めがたいですが、良い作品です。

posted by ツネヒサ at 03:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

いつか星に届くさ

先週放映分のドラちゃん録画に失敗していたことに今日気づいて、
あり得ないほど凹む自分に乾杯。

凹んで潤んだ瞳のままネットを徘徊してたら、
『ドラえもん』の読み方を根本的に鍛え直してくれた師匠(と勝手に呼ぶ)、
su1氏のBlogで感想を発見!
うう、『のろのろ、したばた』はホントに見たかった……。
ドラちゃんのパワーが炸裂している大傑作を、
どんなふうに新スタッフが動かしたのか、ものすごく興味があるんですが。

そういえば、先日の朝日新聞のラテ欄の読者投稿コーナーに、
女子高生からの新ドラに関する意見が掲載されてました。
曰く「いままで頼りになる存在だったドラえもんが、
のび太と一緒にいたずらする存在になったことに違和感を覚える」
という内容でしたが……。

いいから原作単行本を読め! 
とくに1巻から16巻まで!


とワタクシは声を大にしてこの少女に告げたい!
ドラえもんは保護者であるけども、
それ以上にのび太が本当に心底から心を許せるマブダチなのだから。
その魅力を、ぜひとも知っていただきたい!
(まあ、よけいなお世話ですけどもね)

最近、スカパーのテレ朝チャンネルに加入いたしました。
これで21エモンをデジタル録画できる!
posted by ツネヒサ at 02:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。