2009年05月18日

夢の国はもう守れない

歴史という奴は実に厄介で、特定の目的をもって用いようとする人間に、大変便利な道具として扱われる危険も孕んだ代物でございます。
たとえとして持ち出すには低レベルすぎますが、あまりの妄念妄執ぶりに防衛庁を追放された元司令官が、いまだに“思いこみだけで成り立っている、歪んだ劣等感が生み出した特異な世界観”をもとに講演を繰り返し、それに熱心にうなずいてる自称保守な馬鹿論客を見てると、その辺はよくわかっていただけるかと思います(まあ、あの手合いが「歴史」と称するものは、ほとんどが牽強付会の果てに生まれたただの都市伝説的な神話ですが)。
大抵どの国でも、「自尊心に欠けた」歴史記述に対してヒステリックな対応を示す人々は少なからずおりまして、彼ら個人のささやかな自尊心を満足させるまで延々と「改変」を要求するわけですな。
こういう点だけを見ても、大変にめんどくさい立場に置かれる事が多い学問であります。
そもそも、歴史学とは何か、ということを義務教育ではなにひとつ教えていないことが、「歴史」と「神話」の区別もつかない自称「歴史研究者」を生む土壌なんだろうなあと勝手に思っております。

とはいえ、人類の足跡を記録するという気の遠くなるような作業を誰かさんがはじめて以来、人類の歴史にはさまざまな人間たちが現れては消え現れては消え、名前を残していっております。だいたい歴史書に名前を残すような人間は、万国吃驚ショウなみの奇人変人の群れでありまして、我々のような名も無き庶民はその足元にごろごろと転がされているんでありますが、そんな庶民はやはり英雄にあこがれるわけであります。

たとえば酒井玄蕃。
たとえば王琳。
たとえば洗氏。
たとえば石田三成。
たとえば平塚為広。
たとえばマクシミリアン1世とマリー。
たとえば黒太子エドワード。
たとえば鄭和。
たとえばクビライ。

たとえば、こんなところが気になってしょうがない。
それぞれが特徴的な時代を代表する(と思っている)人物ばかりで、もうほんとに魅力的な人生を送っている。この人々の来し方、そしてその生涯の際までがすべて物語であり、我々と同じく、時代の中で自分の場所で戦って去っていった偉大な先人であります。ま、それはこの地球上に生まれて死んでいたおおかたの人間がそうなんですけどね(勿論そうでない連中も……いや、ある意味そうなのか)。
こういう人々が残していった言動から、妄想的に物語を考えるのがとても好き。僕はそういう人間でありまして、現代的な意味での歴史学にはむしろほとんど興味がないという(ひどいな)、まあそんな感じのスタンスであります。

長々と書きましたが、まあなにが云いたいかと云えば、ビジネス書で歴史を読むのはやめましょうね、ということで。ぜーんぜんなにがなんだかよくわかりませんね。ははは。

あ。記事のタイトルは内容と何も関係ございませんよ。
Nav Katze『Never Not』の歌詞からの引用です。
いやー、良い曲。
posted by ツネヒサ at 01:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

うねる、うねる

渡辺等のベースはすごいなあ、といつも思う。
なにしろ聴いて一発でわかる。
ほかにそういうベーシストといったら、バカボン鈴木のすこーんとしためっちゃ格好いいプレイくらいなもんで、渡辺等のベースはなんというか、「うねる」感じ。
この二人は自分の中では別格です。
まあ、なぜか好きなミュージシャンのサポートに、この二人がよく入っているってことなんですけどねー。そりゃ、たくさん聴いていればいやでも特徴覚えますわな。わはは。
でも、たとえば坂本真綾の『マメシバ』のサビからアウトロにかけて、ほんとにどこまでも果てしなくうねって去っていく渡辺氏のベースラインは、もう死ぬほど格好いい。
新居昭乃『ソラノスフィア』でも披露してます。
今度の遊佐未森の新譜『銀河手帖』にはサウンドプロデューサーとして参加してるみたいだし、その辺もすっげえ楽しみですなー。

銀河手帖.jpg
遊佐未森『銀河手帖』 6/3out ヤマハミュージックコミュニケーションズ

渡辺等氏のサイトはこちら
posted by ツネヒサ at 02:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

空、その向こう

新居昭乃の4年ぶりのオリジナルアルバム『ソラノスフィア』が発売……されているのをすっかり忘れてたよ! といいうことであわてて買い求め、聴いてます。

sora no sphere.jpg
新居昭乃『ソラノスフィア』 flying DOG

相変わらず、唯一無二、です。
ウィスパーボイスに近い、風に吹き消されそうな、それでいて明晰なその美しい声は、人間の声そのものも楽器であることをあらためて思い起こさせる力がある。素敵です。
新居昭乃という人を知ったのは、やっぱりこれもラジオで、文化放送でやってた『ぼくの地球を守って』のラジオ番組。新居昭乃が、ラジオドラマの主題歌を歌ってたんですな。『三日月の寝台』だったかな?
OVAの方は、菅野よう子作曲でSEIKAが歌う、アニメ主題歌中のマスターピースのひとつ、『時の記憶』が主題歌でしたが、新居昭乃も結構な数のイメージソングを歌っていて、別段『ぼく地球』が好きだった訳じゃないんですが、音楽はとにかくどれも印象に残って。
あの頃は、アニラジがだんだん週末深夜のおなじみとして流行りだしていたんですが、同時期の番組のなかでも、とにかくこの番組で流れる音楽は抜群でした。
それに、菅野よう子がアニメがらみの仕事を本格的にはじめたのもこのあたりであるので、僕の年代だとこのあたりがきっかけでファンになった人間も多い気がしますなあ。まあ、僕の場合は光栄の『信長の野望』なんかの一連のゲームで既に菅野よう子にノックアウトされてたんですが。

で、『ぼくの地球を守って』のラジオ放送が93年。すでに16年……気が遠くなりますね。受験生のくせに、要らん知識だけは蓄えていたんだねえ、とか、いやいや要らんことあるかアホウ、とか、いまの自分の半分しか生きていないあのガキンチョにもう一度会ってみたいですね。たぶんろくな会話にはならないでしょうけどね。ははは。

1993年。2009年。
その間にまあいろいろあり、いまこうしてPCにデータを放り込んで深夜に新譜を聴いている。
悪くはない、どころじゃなくて、新居昭乃の曲を聴けるこの幸福。
最高です。うん。最高。
posted by ツネヒサ at 02:17| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

キミの声が聞こえるように

日曜も仕事だった。以上日記終了。

ということで、まあこのブログのネタの半分くらいはなぜか音楽がらみのネタが多いです。べつだん音楽評論家を気取ってるわけでもないのですが、キホン的に素人が痛々しいこと語ってるなあというスタンスでお読みいただければ幸い。

で。こないだ篠原美也子の「ひとり」を聴いて、はてどこではじめて聴いたんだっけと記憶を探ったら、たぶんあれ、ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポンで流れてたんだと思い当たる。
聴いたのは春の中間テストの勉強中だったか、そのあたりですな。なにしろあの歌詞なので、まあなんちゅう重い曲をかけてくれやがるんだと思ったもんですが、三十代になって聴いたらほんとに沁みて困るわけ。わはは。
でも、よくよく考えたらいま家にあるCDの幾割かは、ラジオの深夜放送で聴いて気になったミュージシャンのものなんですな。テレビの音楽番組で、っていうのはほとんど無いわけ。もうこの頃からメジャー路線に背を向けてたわけですな。
しかしまあ、地方の高校生のつねというか、速報性の高いメディアといえばテレビとラジオというころに育ち、「テレビは一人一台」なんて夢じゃんね?という家庭であれば、まあ勉強のお供は深夜ラジオでございまして、連日よく聴いていたなあと。
JFN系の夜7時からやっていた1時間のリクエスト番組はエアチェックしまくってたし、NHK-FMの夜9時からの帯番組と22:45からの『青春アドベンチャー』は、それこそあの頃の人生の一部を形作ってるわけで、まさしく十代後半から二十代前半までは、人生のラジオデイズと呼ぶにふさわしい頃だった気がします。
たとえば、大江千里が名曲「秋唄」で
秋よ秋の秋みだれし日
冷たいコーヒー鼻にしみて
テストの時期にかぎっていつも
夜明けまでラジオをきいてます

と歌っておりますが、これなんかは個人的経験にドンピシャなのでもう辛抱たまらんですね。まあ、さすがに夜明けまで勉強はしてませんでしたが。一夜漬け以外の時は。ははは。

ラジオのことについて語り出すと、それはある意味人生の半分以上を掘り起こす作業になるんだよなあ、とぼんやり考えながら、今日は〆。
posted by ツネヒサ at 02:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

じつは一番よく見ているテレビ番組、かもしれない。

ここ最近、昔ほどにはテレビを見なくなって、
でも昔だったら絶対に見なかった番組を見るようになりましたな。
それは、真夜中、いや朝方に流れているフィラー。
番組ではないですね。
穴埋め用のイメージ映像といいますか。
テレビ朝日なんかは数年前までは、
日曜深夜に放送が終了すると、
六本木あたりのお天気カメラの映像をダラーっと流したりしておりまして、それをこちらもダラーっと見ているというなんとも心地の良い時間を過ごしておりました。
フジテレビは夜のお台場の風景に尾崎豊の「I Love You」を乗せて流してたり(これがまたドンピシャに曲にあった映像で)。

でも、一番好きだったのはこれかなあ。



以前このブログでも書いた気がしますが。
この傑作カバーに、東京の日常が淡々とつづられていく映像が乗っかっている。これはもう、自分がもっとも見たい映像だったような気がしますね。
これひとつとっても、NHKは底力半端ねえなあと思う次第。
買いかぶりすぎですか? そうですか。

あとは、チバテレビでよく流れていた、
千葉モノレールの映像に陣内大蔵の「いと小さき君のために」を乗せたフィラーがすっごい好きでしたね。
フィラーだけずっと流れてるチャンネルがあったら、ほんとにずーっと見ている気がします。ははは。
posted by ツネヒサ at 01:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

神経質な猫

四月。
いやまさしく春。

このところ、久しぶりに見つけたCDをiTunesに放り込む作業をぽかんぽかんと思いつきでやっているのだが、これが自分の過去を遡っていくかのような錯覚を招いてくれるので、楽しくもあり、感傷にどっぷり浸かったりもする。

Nav Katze(ナーヴ・カッツェ)の『The Last Rose in Summer』を見つけた時も、まあそういう感覚がするすると記憶のどこかからいろんなものを引っこ抜いてきた。
このバンドについてはあまり多くを知らない。
遊佐未森のラジオにゲストで出演していた女性二人組のバンド。遊佐未森がコーラスで参加していたアルバム。
そんなきっかけで買った、というおぼろげな記憶があるのだが、久方ぶりに聞いてみたらいろいろな風景が鮮明な色彩とともに去来したので驚いた。

その硬質な幻想というべき美しい歌詞はもちろん、サウンドも他にはない、説明したくとも「黙って聞け」としかいいようのないものなので、やはり黙って聞いてもらうのが一番なのだが、肝心のNav Katzeはもう長い間活動を休止しているらしい。
アルバム『The Last Rose in Summer』のラストトラックは、アルバムタイトルでもある『名残の薔薇』。
これをエアチェックしたテープを繰り返し聞きながら、信州の凍えるような冬の夜の中で夏を想っていたこと。そんな過去の薄くぼんやりとした風景が、しかしはっきりと、夜の平野を遠く過ぎていく列車の灯りのように自分の脳裏を走り抜けていく。その灯りの中に、たしかな自分の足跡を見つけたような、そんな感覚。
自分の中に確かに刻まれている音。
懐かしい音。

たぶん、これが音楽なんだよなと想いながら、アルバムを発掘する日々。
次は……これだ。篠原美也子。
NAV KATZEの続き
posted by ツネヒサ at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

宙を舞い地を這い天駆けろ!

二月の末日は、木場公園に行ってZINGAROを観てまいりました。
来日中の曲馬団の公演ですな。
『ZINGARO』とくれば、METROFARCEファンにとっちゃアルバム『LINBO島』収録のタイトルとしておなじみでございますがね、世間様的にはやはりこちらの方が有名。そりゃそうか。

『ZINGARO』とは“放浪の民”というような意味合いの言葉ですが、公演も放浪民族の音楽に乗せて、まさしく人馬一体の磨き抜かれた業が次々に繰り出されまして、目が回りながらも拍手喝采でありました。
馬と人の調和がとれた姿ってのはなんですな、やっぱり凜としているというか、もう単純に格好良いとしか云いようがない案配です。

鞍上と地面を行ったり来たりしながら、疾駆する馬とともに様々な体技を披露する男たち。
純白のドレスをまとって、馬を御す意志も高らかに美しく背筋をのばして疾走する女たち。
いやあ、ステキ。

乗馬なんてのは、たとえば日本であればかつて武士階級だけの文化、というより武芸として存在しただけですから、そう言う部分でもこういう欧米的な芸術には無条件にあこがれてしまうんかもしれませんな。
まあ、アジア的な「人と馬が一緒になって労働する」って風景も好きですけど。
ということで、チケット高いですけど、馬好きならおすすめです。
間近で疾走する馬が見られるだけでもボカぁ満足でした。

で、帰りに木場の一穂でねぎま鍋をいただいてから帰宅。
ねぎま鍋は今回はじめて食べましたが、本当に美味い。
またいきますよお。
posted by ツネヒサ at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当のキミを知りたいの

Perfume最高っすよ!

……いや、いまさらという感もありますが、ええ。
亀戸のサンストリートで昔たまに見かけてたあの三人が……りっぱになって……よよよ。
(最近、よよよって表現見ないですねそういや)
新譜も楽しみでございます。
51lBmvzfUSL._SL500_AA240_.jpg
ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)








それはいいとして、今年も春が近づいて参りました。
去年の今ごろはフィンランドから帰国したというような時期でありまして、北欧の「美しすぎる国々」の神髄を堪能してたんですが、今年は仕事に追いまくられております。
で、三月の初旬といえばアレです。そう、ドラえもん。
今回もビシッと初日初回のチケット押さえましたよお。大学に入って上京した年から数えて、もう十四年ほどつづけてる、まあなんか個人的に一番大事なイベントでございます。
一九九五年三月の、藤子・F・不二雄先生最後の舞台挨拶を見てからずーっと、という感じです。先生が亡くなってからもう十三年か……早いですなあ。

ま、今回は『のび太の宇宙開拓史』です。
自分の大長編ドラベスト3にはいるこの作品がどんな新しい姿になっているのか、楽しみであります。
http://doraeiga.com/2009/index.html(公式サイトっす。音が出ますんでご注意を)
いやもう、クレムがねえ……藤子ヒロイン五傑ですね彼女は。
最後のシーンですべて持って行きます。小学生のときはしずちゃんなんかよりも断然彼女でしたね、ヒロインは。
そののち、リルルとかリームとか美夜子さんとか出てきて、お子様は始めて浮気という言葉の意味を……そんなわけないですね。

そんでは、また。


posted by ツネヒサ at 02:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

つねに初陣!

放置、と呼ぶにはさすがに間があきすぎてるんじゃないかい?
ということで、人生つねに初陣! という気持ちをね、タイトルにあしらってみましたよ。

久しぶりにseesaaをいじってみれば、なんかしらんうちにボタンはいっぱい増えてるし、いろいろ充実してるようで吃驚でございますよ。ほとんどつかわんのだろうなあと思いつつね、試しに押してみちゃあはあはあなるほど、とか夜中に独りつぶやくのもね、どうも間の抜けた話でございまして。

近況は、部署が移動になったり、仕事が増えたり、結婚したりでなんやかやと動いております。
最近は二十数年ほったらかしにしていた趣味も再開したりとか(小学生の頃のものを趣味というならば、ですが)、まあ環境の変化に伴いつつ相変わらず複数のジャンルを行ったり来たり、です。

さて、明日も早い上に、猫がさっさと寝ろと催促し始めたので、そろそろ寝ますよ、ええ。
それでは、また。
posted by ツネヒサ at 02:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

時の流れを止めて

仕事が終わって月曜早朝に帰宅。

iTMSに中島みゆきがラインナップされてたので、
『世情』をDL、聴く。

シュプレヒコールの波
通り過ぎてゆく
変わらない夢を
流れに求めて

時の流れを止めて
変わらない夢を
見たがる者たちと
戦うため


俺はいったいどっちだろう、と考え込む。
一日の始まりを迎えた人々の気配を、
窓の外に感じながら、
これから布団に潜り込みます。

……もうすぐ1年ですね、このブログ。
早いなあ。
更新ほとんどありませんが、
ネット上の知人たちへの生存報告みたいなモンですね、いまや。
あはは。

では、また。
posted by ツネヒサ at 06:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。