2005年10月05日

義なる者の上にも、不義なる者の上にも

昨日の続き。

会社にデータを持ってって、
夜中にゴソゴソと会社のPCで聴いております、
槇原敬之の『Listen to the Music 2』。

矢野顕子の『ごはんができたよ』を聴いたのは何年ぶりか……。
昔、大学の受験勉強に追われまくっていた真冬の真夜中に、
ラジオで聴いて以来かなあ。

部屋のストーブにかけられた薬缶がシュンシュン鳴るだけの、
ほかにはラジオだけが流れる静かな部屋の中で、
この曲を聴きながらボーゼンとしてた記憶があります。
たぶん、それ以来。

夕暮れ、どんどん薄暗くなっていく神社の境内で、
バカみたいに草野球に明けくれていた小学生の頃とか、
好きな女の子と、暗くなってく学校の帰り道を、
あまり会話もせずに一緒に帰った中学生の頃とか、
そんな風景が、聴くたんびにちょっとずつ、
遠い時間の向こうから帰ってくる。

いい人の上にも 悪い人の上にも
静かに夜は来る みんなの上に来る


すげえなあ、矢野顕子。すげえなあ、槇原敬之。
――なんて感嘆に暮れていたら、
おかげで仕事が終わりませんでした。わはは。

しかし、原曲のバックはYMOの面々が全力参加ですね。
初めて知りましたわはは。
posted by ツネヒサ at 03:39| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

矢野さんの歌声も
槇原さんの歌声も
”ほんわか”あったかくていいですよね。

私はあの曲を聴くと「おうちかえるー」
というキモチになります(w
誰かが待ってるあの感じがたまりません。
いい曲ですよね。
Posted by キョウコ at 2005年10月05日 11:44
>キョウコ様

こちらこそ初めまして!

もう、毎日聴いてますよ、このアルバム。
「ごはんができたよ」は、
なんだってこんな凄い曲が書けるんだと、
会社でぼーぜんとしながら聴いてますねえ。
子どもの頃の風景が鮮明に蘇ります。
魔力を持った曲ですね。

槇原敬之という人の才能に、
あらためて惚れなおしましたけども、
やっぱり矢野顕子っちゅうお人は、
とんでもない才人ですね。
Posted by ツネヒサ at 2005年10月06日 05:37
ヨイトマケの唄→ファイト!と
きたところで「ごはんができたよ」
を聞くと、ものすごくほっとしますよね。

あの矢野さんのほんわかヴォイスも
たまらんですよね。

Posted by キョウコ at 2005年10月06日 15:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

天高く・・・
Excerpt: 関東地方では一ヶ月前まで気温が30度を 超えていたなんて思えないほど、 気温がググっと下がってきました。 空も高くなって、「秋だな??」って思います。 で、キョウコさんは「秋だな??」と思うと..
Weblog: 飼い主に手を噛まれたよ!
Tracked: 2005-10-05 11:54

槇原敬之「Listen To The Music 2」
Excerpt: 槇原敬之さん、好きです。と書くと「おまえはいったい誰のファンなんだ」と叱られそうですけど、「いい音楽を創る人」はみ〜んな好きだもんね☆ただ、その人について、わたしなんかよりももっとファンの方々がたくさ..
Weblog: どうせ誰も見てませんからっ☆★
Tracked: 2005-10-06 13:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。