2005年06月30日

七転八倒

ということで、千葉で首位決戦が行われていたわけですが、
当然見に行くこともかなわず、という二日間でした。

交流戦優勝であきらかに一息ついてしまったかもめーずナインに対し、
ホークスナインは追う側の有利さ、モチベーションの高さを発揮して、
交流戦前よりも明らかに調子をあげて乗り込んできたわけで、
むしろ思ったよりも差を付けられなかった連敗、という印象。
……冷静になってみれば、ね。

そらもう、試合中は怒り心頭ですよ。
エースはもう称号剥奪モノのチキンなピッチングを披露してあっさり粉砕、
打線もさしたる工夫も見せることもなく、
まるで重圧に負けたかのような凡退の繰り返し。
今江、西岡がそんなモノ関係ないとばかりに良いプレーを見せていたのとは、
えらく対照的な中堅連中を見ては歯ぎしり……とまあそんな感じです。
(仕事中じゃなかったのか)

正直なところ、「地力」の差はやっぱりそんなに大きくないのかな、
という意外な印象を受けたのもたしかで、
いよいよプレーオフが楽しみになってきましたよ。
2位フィニッシュならなんとか4.5ゲーム差以内に、
1位フィニッシュならなんとか5ゲーム以上つけて。

とにかく、ベニーの復調、
そして渡辺の復帰が待たれるところです。
清水? 正直今年は不調のまんまかなあ……という予感でいっぱい。
うーん。
posted by ツネヒサ at 01:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。