2005年04月15日

雨でも止まらなかった

【4月13日 対バファローズ4回戦】
千葉マリーンズ 4−3 バファローズ

5連勝ののち、雨のために立てつづけに2戦中止となった、
仕切直しの一戦でした。
波に乗っているとき、あるいは連敗しているときに、
こういった雨天中止は流れを変えることが多いのですが、
マリーンズに関してはとまらず6連勝となりました。

今季はセラフィニがとても良いですね。
昨年後半に見せていた威力のある速球と、
ときおり腕を下げて放るスライダーやチェンジアップで、
緩急自在の素晴らしいピッチング。
まあ、100球病ともいうべきスタミナのなさが唯一の欠点でしょうか。
(阪神にいた湯舟みたいですなあ)

そのセラフィニの球威が急減した7回に、
やっぱりバファローズ打線に捕まってしまい一時は同点となりましたが、
8回裏にイ・スンヨプの値千金の弾丸ライナーホームラン。
んー……ひょっとしたら本当に目覚めてくれたのか。
眠れる獅子が目を覚ましたためしがないんですが、
今回はひょっとするとひょっとするかも。

小林雅が相変わらずの不安定さでしたが、
(昨年のトラウマがまだ尾を引いているのかしらん?)
それでも何とか抑えて勝利、という筋書きでありました。

藤田番長、開幕からいまだ無四球で被安打ゼロ。凄すぎ。
デビューイヤーも凄まじかった藤田ですが、
今年はそれ以上にやってくれそうです。
速球がキレキレで惚れ惚れ。

去年までであれば、終盤に追いつかれた試合は落としていたわけで、
今年はマリーンズナインに地震がみなぎっているように見えます。
映像に映るベンチの中の風景も、
みんなが笑顔で盛り上がっているし。

さて、明日からは敵地福岡でホークス戦です。
意外にドームでは活発に打つマリーンズ打線。
今年はどうなんでしょう……。
posted by ツネヒサ at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。