2005年04月11日

ご、五連勝ですか……

とりあえず、対日ハム三連戦をまとめて。

【4月8日 対ファイターズ1回戦】
千葉マリーンズ 8−2 北海道ファイターズ

【4月9日 対ファイターズ2回戦】
千葉マリーンズ 10−2 北海道ファイターズ

【4月10日 対ファイターズ3回戦】
千葉マリーンズ 5−1 北海道ファイターズ


ホントに三タテしてしまいました……。
三戦とも先発が安定で、リリーバーを調整登板させる余裕ぶり。
打線も結局この三連戦すべてでフタ桁安打と、
依然投打がかみ合いまくっております。

去年と同じ轍を踏むんじゃないかとドキドキしていたわけですが、
(去年の十連敗は、ファイターズ戦から始まったのです)
そんなファンの心配もどこ吹く風の圧倒ぶりでした。
まあ、ファイターズの打線がえらく低調だったうえに、
マリーンズの天敵たる高橋信二が不在だったのが大きかったとは思いますが、
それにしても、繋ぎを重視したいまの打線は素晴らしいです。

さて、これで全球団と対峙した訳なんですが、
ホントにマリーンズだけが好調ですね。
他の5球団は、期待された戦力の故障や不調で、
いまはまだ調整段階という感じです。
(イーグルスは、なにしろ今年からできた新球団ですから、
 ちゃんと戦えという方が無理です。
 今年は、チームとしてまとまっていくだけで精一杯でしょう)
たとえるなら、ほかのランナーが靴ひもの調整をしてる間に、
マリーンズだけが全力でスタートしちゃったイメージ?

思えば2001年も、エース黒木の凄まじい活躍もあって、
6月の段階でも結構いい位置にいたんですが、
黒木が故障するのと同時に失速していきましたね……。
ただ、今年は絶対的なエースに頼るチームではないので、
たとえ誰かが故障しても、その穴を埋める戦力がちゃんと出てきそうです。
それに、昨年のマリーンズは、主力級にほとんど故障者を出してないのも強み。

たぶん、今年のマリーンズが本物かそうでないかは、
5月のゴールデンウィーク明けにわかると思います。

……しかし、やっぱり不安だわ。
勝ち慣れてないチームのファンってのも難儀なモンです(笑
posted by ツネヒサ at 03:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。