2005年03月26日

第1回『ワガハイはコロ助ナリ/潜地球で宝さがし!』その2

えー、昨日の続きでございます。

第2話『潜地球で宝さがし!』


第1回の後半になりますね。
えー、第1話ではだいたいのキャラ紹介、ということで、
本格的な発明品の活躍はこの話からになります。

で、のっけからキテレツ先生、でっかいモノを作っております。
これが今回の主役、『潜地球』。
まん丸な球形潜水艦の木製版、って形状をしております。
(画像使えないと不便ですなあ)
……キテレツって、
まあ奇天烈斎の発明理論を完璧に理解してるとこもすごいですが、
それ以上に発明を形にする工作能力が凄まじいですなあ。
木材で球状の物体なんてよく作りますわ。

キテレツの作る道具のいいところは、
その辺に転がってるものででっち上げられてる適当さですね。
デザインよりも機能重視という男らしいとこもステキ。

で、大汗かきながら潜地球と格闘するキテレツの家に、
みよちゃんとトンガリがお花見に誘いにくるわけですが、
(『キテレツ大百科』は、放映時期と話中の季節がシンクロしております。
 ちなみに、この第1回は3月27日の放映)
「今忙しいから後で追いかける」とすげなく断るキテレツ先生。
さすがです。発明の鬼。
大事なガールフレンドがトンガリごときと二人きりだというのに!

いらぬ心配のせいで手に汗握る視聴者をよそに、
キテレツはとっつかまえたコロ助に、完成した潜地球の機能を得意げに演説。
「この潜地球は、地面に潜って自由自在に移動できるんだ」
「空は落っこちるし水中は沈む。でも地中ならその心配ないだろう!」

……埋まったらどうすんですかキテレツ先生。

さすがにコロ助級の脳味噌でもこのくらいの突っ込みはできたらしく、
彼は演説ぶってる間にさっさと逃亡。
この辺は慣れたもんです。いいコンビだ。

しゃーないのでひとり潜地球に乗り込み、
出発するキテレツ。目指すは桜の咲き誇る城山公園でございます。

そのころ、城山公園に登っていったみよちゃんとトンガリは、
「立入禁止」の看板を立てた怪しげな男に追い返されます。
逃げ帰った二人からことの次第を聞いたのがブタゴリラ。
自分のシマを荒らされたブタゴリラさんは当然激怒。
「そんな曲がったキュウリみたいなことが許せるか!」

出た。『キテレツ大百科』全編を貫く彼のアイデンティティ。
ちなみに、まだトンガリには突っ込みの任務が与えられておりません。

「でも、危ないよ」
と心配する二人に、ブタゴリラ先生は
「俺の地引き網に、不可能という魚はいない!」
と啖呵を切って城山に向かいます。いろいろと心配になる言動です。

んで、まああっさり怪しげな男たちに捕まって縛り上げられる薫君。
城山に眠ると言われている財宝を掘り出すために、
あたり一帯を勝手に立入禁止にしてたわけ、
と聞かれもしないのにべらべらしゃべるリーダーのグラサン。
……君たちいろいろ大丈夫か? 

当然ながら、
ブタゴリラが捕まったと言うことで大騒ぎなみよちゃんたち。
そこに通りかかったコロ助がキテレツを呼び出し、
キテレツ先生は潜地球でみんなの所へ急行します。
ここで勘のいい視聴者のゴーストは「来る!」と囁くはず。
なにしろ、
「地下から現れる潜望鏡」+「スカートはいた女の子」
という黄金律。これがそろったなら、当然次のカットはアレ。
で、期待を裏切らずに、画面全体にスパークするみよちゃんのパンチラ。
藤子漫画の王道です。

このあと、いくら脳味噌が足りない大人が相手だとはいえ、
実戦兵器である魚雷を使用してブタゴリラ救出に成功する武闘派なキテレツ。
このころの彼は、わりと兵器使用にも寛容です。ステキ。

ま、話としてはここで終わっております。
あとは、キテレツが「財宝を探してみるよ!」
と主人公らしく潜地球で城山の地下を飛び回り、
出てきてみれば刀やら鎧やらがびっちり潜地球にへばりついてました、
という落ち。
いいなあ潜地球。発掘作業とかなんぼか楽になりそうだ。

……とまあ、第2話は「発明品を使って冒険もします!」という、
そんな宣言をかねたお話でしたねえ。
しかし、早くも輝きを見せつつあるブタゴリラのボケが素晴らしい。
あとは、この時点でキテレツはいきなり、
「すげえ発明はするけど、主人公としてはいまひとつ弱い」
という欠点を抱えているなあという印象。
「まじめだけど面白みがない」
という出来杉のような優等生キャラに陥っていき、
ブタゴリラとコロ助のコンビに完全に食われる中盤以降を暗示してますね。

さて、次回は第2回分の2話ですね。
posted by ツネヒサ at 02:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キテレツ大百科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2604062

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。