2005年03月02日

キテレツと呼ばれた男

今日も寒かった……。

本日発売だった、3月26日のパリーグ公式リーグ開幕戦、
『東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ』(@千葉マリン)
のチケット……購入失敗いたしました! ものすごくショック。
まあ、ぴあの予定枚数が完売したってだけなので、
金券ショップや当日券などいくらでも買えるとは思うのですが。

んー、相手が楽天だからというのと、およそ十年ぶりの本拠地開幕戦、
って要素が絡み合ってるので、
当日はほぼ満員だろうなあという予測はあったんですが。
それにしたって、これほどの出足は去年にはなかったはず。
失敗しました。完敗。

あ、ちなみにワタクシ、十年来のマリーンズファンです。

さて、全然話題は変わりまして。
自分と藤子・F・不二雄作品の出会いって奴は、
おそらく多くの人がそうであるように、『ドラえもん』第1巻であるわけです。
そう、おなじみのこれ↓

4091400019.09.MZZZZZZZ.jpg

五歳の頃に買ってもらったのですが、
いまはもうカバーは当たり前のように行方不明で、表紙はもげて、
扉絵のドラえもんは、
クレヨンによって外側がピンク、顔面が茶色、鼻が黄色……という、
あまりにサイケでアヴァンギャルドな彩色が施された惨状を呈してますが、
それでも自分にとっては大事な宝物でございます。
物心ついたときには、毎晩ドラえもんのアニメを観てましたし。
(あのころは、毎日夜6:50から放映された帯アニメでした)

ドラえもんのアニメと言えば、
3月18日を最後に現在の声優陣が総替わり、
あるいは新作映画が『のび太の恐竜』のリメイクに決定するなど、
相変わらず話題に事欠きません。
劇場版アニメも順調にDVD化されてまして、昔に較べ入手も容易です。
いい時代になったなあと思うわけですが、
しかし、そのほかの藤子・F・不二雄作品は、
映像の商品化にはあまり恵まれてない印象があります。

『オバケのQ太郎』(最初期は真に合作ですが)、
あるいは『パーマン』といった名作は一部が商品化されたにすぎず、
『エスパー魔美』『チンプイ』『21エモン』といった後期のTVアニメ三部作も、
劇場版以外は皆無に等しいわけです。

『エスパー魔美』以降の三作は、
本郷みつる、あるいは原恵一といったシンエイ動画の偉才が、
名作とされる原作の魅力を損なうことなく作り上げたアニメ作品であり、
そのクオリティは、これまた名作と評するに足ると思います。
しかしまあ、映像ソフトのコンテンツとしては明らかに不遇をかこっている、
そんな観があります。

それもこれも、放映局があのテレビ朝日(映像コンテンツを扱う腕前は、
在京キー局でもワースト1でしょう)だったせいだ……、
と考えるのはさすがに穿ちすぎだとは思いますけど。
(放映してくれたこと自体には、もちろん感謝をしております)

……と、偉そうにしかつめらしい話をしておりますが、
実はここまでは前フリでございまして(わはは)。

藤子・F・不二雄アニメを語る上では忘れてはならない作品が、もうひとつあります。
そう、『キテレツ大百科』でございます。
原作単行本はわずか三冊。
連載誌は、『こどもの光』(家の光協会・刊)というマイナーさ。
それこそ、知る人ぞ知るといった状態だったこの作品を、
ドラえもんに並ぶ知名度を持つまでに押し上げたのが、このアニメだったわけです。
毎週日曜夜7時から、8年間、全331話が放映された『キテレツ大百科』。
その膨大な話数からして、
まず映像ソフト化は無理だろうなあとハナッから諦めてましたが。
英断と言おうか蛮勇と言おうか、意外と言うべきか驚愕と言うべきか、
なぜかいきなり全話がDVD−BOXで発売されたわけです。

それがこれ↓

B000087JMW.09.MZZZZZZZ.jpg
キテレツ大百科 DVD BOX 1

キテレツ大百科 DVD BOX 2

B0000YGBJ0.09.MZZZZZZZ.jpg
キテレツ大百科 DVD BOX 3

うう、三つ合わせておよそ18マンエン……。
最初に見たときは鼻血を噴いたりしておりましたが、
逡巡し苦悩すること一年、去年の冬のボーナスはたいて買ってしまいました!
自分でも買うとは思ってなかったんですよ。いやホントに。
でも、年末から先月まで仕事で地獄をみておりまして、中身はまだ未見なのです。

と、いうわけで。なんであんな長い前フリを長々書いたかと言えば、
せっかく観るンならちゃんとしたメモを残そうかなと思い立ちまして。はい。
近日中に、全話レビューをこのブログで開始しようと考えております。
まあ、自分のメモでもあるので、非常に独りよがりな物になるとは思いますが。
(それ以前に、この思いつき自体が独りよがりなわけですが)

あまり藤子ファンに評価されることのなかったアニメ作品ではありましたが、

僕は愛してます。

もうブタゴリラLOVE。八百八一家LOVE。勉三さんLOVE。
みよちゃんLOVE。(すげえ誤解まねきそう)
しかし、全331話か……一年近くかかりますね、実際。あはは。
posted by ツネヒサ at 02:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2212109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。