2010年07月15日

冷蔵庫は空っぽの方がいい

宮崎御大が雑誌上においてiPadに関してカウンター発言をかまし、
それにガジェット好きの方々が反発しちゃったりしてる昨今。
まあ時代を画しちゃうかもしれない新しいモノに万能感を覚え、
それでもってその有頂天の中の幸福に浸っている人にとっては、
まあ「余計なお世話じゃ」ってことなんでしょうけども。
いつの時代も繰り返されることですが、
まあ結局新しいモノなんて生まれた瞬間に古くなってくんですけどね。

とはいえ、傾聴に値する言葉だと俺は思います。
安宅船の下りなんかはとくに共鳴しましたしね。
想像せよ、妄想せよ諸君、ということなんだと思うんですよ。
あの尊敬すべき大監督が言ってるからそうすべきなんだ!
とかそういうことではなく、
実際に自分で見て、感じて、記憶に刻み込むと言うことがどれだけ大事かという経験が有れば、誰しも一理あると思うでしょうし、俺なんかはいろんな意味で大いにうなずく部分があった訳です。
たとえば、関ヶ原にはじめて行って、「ああ、世の中の関ヶ原の合戦について書いてる奴の半分以上は、実際に関ヶ原に来て風景を見てねえし、てめえの足で山の中を歩き回ってもいねえな」と実感できましたし。

俺はiPhoneを使ってはいますが、正直iPadはどうでもいい。
会社の同僚のものをいじくらせてもらったけどまったく魅力を覚えないし、
買ったところで三日で飽きて放り出す自分が見えている。
だってまだ全然オモチャなんだもの。

このあたりのことはなんかきちんと書きたいなあと思うんですが、
まあ、アレです。
自分の五感と想像力妄想力観察力が合わさって初めて、
「モノ」が作れるってことを、
世の中のクリエイター志望諸氏には今一度思い起こしていただきたい。
俺はiPadにうれしそうに「使われてる」作家なんぞいないと信じてますが。
その希望はとてつもなくはかないと言うことも何となく知っています。

あ、そうだ。タイトル。
これは、藤子・F・不二雄先生がおっしゃってたことです。
「たくさんモノを詰め込んである冷蔵庫よりも、空っぽの冷蔵庫の方がいい」
いろんな美味しそうなものが詰まっている冷蔵庫よりも、なにもない方がむしろさまざまな想像力をかき立ててくれる。知識という引き出しを多く作ることよりも、自分の中にないものを探し求めることが創造の原動力になるんではないか、ということを書いておられたと思います。あいにくいま手元の資料を探せる環境にないので(というか家にいない)、正確な引用にはなってないんですけど。
これって、宮崎御大の発言と根っこは同じだと思うんですよね。


ということで、書き散らかしたまんま仕事に戻ります。
今週もあと二日だー。
posted by ツネヒサ at 02:59| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。